ベルタ葉酸 口コミ

流産に対する葉酸の効果について
Line

流産に対する葉酸の効果について

流産というのは胎児や受精卵に異変が起こり出産できない状態のことを言います。

当然ですが元気な赤ちゃんを出産することはありません。

流産がわかると大きな精神的ショックを受けます。

特に高齢になるほど妊娠率が低下するので流産した時のショックは大きいです。

この流産ですが葉酸を摂取することで防ぐことができます。

これから流産に対する葉酸の効果について

・先天性障害による流産の防止

・化学流産の防止

・稽留流産の防止

この3点を説明します。


Line

先天性障害による流産の防止

生れてくる赤ちゃんが全員元気であってほしいですが、なかには脳や脊髄の成長が不完全で先天性の障害を持って生れてくる赤ちゃんもいます。

特に脳の障害を持った場合は高い確率で流産や死産になってしまいます。

なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

これは妊娠初期時に胎児の細胞分裂が不十分だったからです。

葉酸が細胞分裂を促す効果があるのでこれを防ぐことができます。

妊娠初期である1ヶ月〜3ヶ月までは葉酸をしっかり摂取しましょう。


Line

化学流産の防止について

化学流産とは子宮内膜に着床した受精卵が安定せず排出されてしまうことを言います。

実は化学流産は妊娠が確定する前に起こるので医学的には化学流産は流産とは言いません。

ただ妊娠できなかったことは事実ですので、改善しなければいけませんよね。

原因は着床が長続きしないことです。

これを防ぐのは子宮内膜を厚くしなければいけません。

葉酸を摂取することで女性ホルモンの分泌量が増加して子宮内膜を厚くしてくれます。


Line

稽留流産の防止について

稽留流産とは母体のなかで胎児が死んでしまっている状態を言います。

稽留流産は自覚症状が乏しいので検査して初めてわかるケースが多々あります。

実は発生率は約15%と結構高いんですね。

なぜ稽留流産が起こってしまうのか?

それは胎児の成長が滞ってしまったからなんですね。

これは母体の血行不足が原因です。

葉酸は血流を促す効果があるのでこれを防ぐことができます。

母体が健康でなければ胎児が元気に育つことはありません。


Line

流産に対する葉酸の効果のまとめ

流産に対する葉酸の効果のまとめとして

・先天性障害による流産の防止

・化学流産の防止

・稽留流産の防止

この3点が挙げられます。

このように葉酸は流産を防ぐ効果もあるので、妊娠後も継続して摂取したほうがいいんですね。

また葉酸摂取以外にも定期的に産婦人科に受診することで流産を防ぐことができます。

その他にちょっとでも自分の体調がおかしい場合はすぐに医師に相談しましょう。

あなた一人の体ではありません。
Line